台風の接近と夏競馬

IMG_0158.png

 ドジャースに合流したダルビッシュ投手、
ニューヨークでロサンゼルスのファンに向けて、
名刺代わりの快投を披露しました
7回、零封、10奪三振


日本では台風5号が奄美から屋久島あたりをウロつき
今日は九州に上陸するとか
どれくらいのパワーがあるか分からないのですが…
被害が出ないことをお祈りいたします

小倉記念
開催されるかな
香港を主戦場にしているダグラス・ホワイト騎手がベルーフで参戦します。
インタビューで香港競馬との違いはと聞かれ、
「日本のレベルは、競走馬の質やトレーニング方法がレベルアップしている」
と答えるかたわら…
「メンタルのケアが良くないと感じることがある。」と言っていました。
「馬にも気持ちと感情がある」と、、、
外国人騎手がよく鬣をなでたり、話しかけたりしているのは、
レースまでの間に少しでも回復させてあげようとしているんだね

お世話をする厩務員さんは気づいても、
馬主と調教師の顔色が優先しちゃうから、、
馬券を買う側はパドックに注意を払わないといけない

本命は「逃げてくれれば」と願いをこめて、バンドワゴン
外枠から下げて後方待機をしたら掲示板にも乗らなそうだから、
ボックスで買うつもり


 レパードステークス

IMG_0157.png

エピカリスの能力は段違いだけど、
調整が軽いので、2~3着もありえる。
3連複の1頭軸、相手をボックスで15点
ヒモ荒れは有り得るよ~

HAVE A NICE DAY

苗字に多い動物と夏競馬

IMG_0048.png

 NHKのバラエティに、たまたまチャンネルを止めてしまった(
古館が出た瞬間に飛ばそうと思ったのですが…
話題の内容が興味深かった

人の苗字に使われる、
動物の名前のランキング
出演者の後ろに大きな動物園のような絵があったので、
すぐ自分でも予想してしまいました。

第5位が
第4位が
3位タイで鹿
 日本の歴史の中で肉を食べてはいけないという時代もあったらしいのだけど…
猪と鹿だけは「お目こぼし」があったとか

第2位が
熊本県の話。元は「隈本県」と言っていたのを、
加藤清正が熊本に変えたと伝えられている。
そう言えば、大リーグの岩隈投手は、「隈」だ。
隅っこを意味する単語から、
当時の熊は勇猛で「神ってる」象徴の動物だったので、隈から熊に代えたエピソードは初耳だったよ。

そして第1位
僕の予想は当たりましたぁ~
頭に据えると少ないのだけど、、
有馬とか、、後ろに馬が付く苗字は多いんだと思いました

そう言うわけで、、、
人が一番大事にしてたと思われるお馬さんの競走が「競馬
夏が弱いのは犬と一緒(
暑い時期くらい休ませてあげればいいのに、、、
人間と同じで「休みナシ!」 

日曜の古馬重賞は中京記念 GⅢ
「差し決着」濃厚だと読む。
上位3頭の馬連ボックスと、
3連複のフォーメーションで勝負します
グランシルクは長距離輸送。
ブラックムーンはスタートが鍵だな。


難解なのが函館2歳ステークス GⅢ

IMG_0049.png

上位3頭の馬連ボックスと、
2頭軸の3連複が本線です
あと、押さえに  ×  まで。

GOOD LUCK
Have A Nice Day

2019 ラグビーW杯、記念ナンバープレートを装着

IMG_0031.jpg

 2019年にラグビー、2020年には東京オリンピックを控える日本。
車のナンバープレートを「寄付金付き、希望番号」で、
8080円で販売している。
僕も寄付させていただき…
1970を装着しました。

平仮名はになります。

なんで1970??
大事な人の生まれ年にプラスして…
西暦1970年の記憶がセンセーショナルだった事かな
覚えていますか?
大阪万博
1964年、東京オリンピックをきっかけに高度成長のスイッチが入ったけど、、、
実感として流れに乗ったのは1970年だったと思う。

衝撃的な出会いもあった。
現在ウィキペディアで検索すれば直ぐヒットする、
科学者と野口英世並みの医師2人が、
クラス替えで僕と同じクラスになった。
天才と呼ばれた2人は揃って東大へ一直線

科学者の佐々木は陽の当たる道を突き進み、
色平先生は放浪の旅へ出て漫画のような人生を歩む。

1970年、
佐々木が一人で大阪万博へ向かう模様をテレビ局がピックアップした

小さな街の公立小学校になんで通っていたんだ??
2人の天才
忘れることの出来ない1970年。

自信のあった算数で木っ端微塵になった直感さん。
この年から小さな町の水泳大会で「高学年の部3連勝」したのが
唯一の抵抗だったんだろう(

RKファミリーの布教にも1970は「イイネ!」


さてさて、、長くなりましたが…
日曜の競馬は函館記念を予想
あれる夏のローカル競馬、、、
人間の目には見えない夏バテや、
普段の調教から開放されて、急に走る気になっちゃうお馬さん。
真面目に探しても見つからないので、、
やっぱりでいきます!!

一番強いのはサクラアンプルールなんですが…
横山騎手が乗らないことと、、外枠を嫌って「本命」から「押さえ」にします。
イメージは中断より前に付けられるインコースの馬。。。

鳴尾記念で儲けさせてもらったステイインシアトルも「押さえ」
この馬はスローペースで気分良く走ったら無敵なんだけど…
今回は先頭争いが激化すると読む

サトノアレス  3連複の軸にする。

ナリタハリケーン
ダンツプリウス
アングライフェン  ここまで2列目と3列目。


押さえ ④ ⑦ ⑨ ⑩ ⑫ ⑯ 3列目

以上   NICE DAY

三ツ矢サイダーと日曜の競馬

IMG_0008.jpg

 超、久しぶりに聞いたネーミング
サイダー!?
透明で味が付いているヤツ、、って言えば「スプライト?」
それでも殆んど飲んだ記憶が無い(笑)
セブンイレブンのクジが良くあたるんですが…
700円買い物した「オマケ」がコレ
ウインブルドン並みの歴史なんだねぇ~
1884年から??
今はアサヒ飲料から販売されていた

ん~たぶんお金を出したら買わないんだろうな


さてさて、、苦手意識のあるダート重賞はカスりもしなかったけど…
七夕賞はしぶとくゲットさせていただきました

IMG_0007.png

 やはり「夏のローカル競馬」も自信なし
賭け金が少なすぎ?と思っても、後の祭り
1番人気、5番人気、8番人気の割りに、
配当が少なかった気がするね

マイネルフロスト
力はあるのだけど、
柴田大騎手との相性を疑って軽視しちゃったからしょうがない
丹内騎手の時の方が走るんですよw

IMG_0006.png

ま、直感は冴えてた様な気がするんで、
ヨシ!!」としよう

今日は早寝をして、
明日はお墓参りで高尾まで出掛けて参りまぁ~す
GOOD NIGHT

もうひとつのショパンコンクールと、宝塚記念の回顧

IMG_5707.png

 僕の好きなテレビ番組に、
NHK-BSスペシャルってドキュメンタリー番組があるんだけど…
8月30日の再放送か、オンデマンドで見れます

その中で「もうひとつのショパンコンクール」って言うのを見て、
「お!日本人が頑張ってるジャン!」って改めて思いました

番組は2015年に行われた、
ピアニストの若手登竜門ショパンコンクールを、
調律師にスポットを当てて構成されていました。

オーストリアのウィーンで、
5年に1度、、、年齢は30歳まで。
何回も挑戦できません

このコンクールを支えるのが楽器メーカーと、
調律師。
認定メーカーは4社しかありません。
独米合弁企業のスタインウエイ
日本のヤマハ河合
イタリアのファジオリ

なんと日本の企業が2社も入っていて、
調律しにいたっては、ファジオリも日本人という。

1次予選に76名がエントリー。
前日までに4台並んだ会場内のピアノを使ってリハーサルをする。
そして自分が使うピアノを申請する。

主役はファジオリの日本人調律師。
「76人中1人しか使われない」
「1次予選落ち」という結末より、
僕の興味はナンバーワンが使うピアノはどのメーカーか!?
決勝は10人。
ここからがオーケストラと伴奏する。
ヤマハ7人vsスタインウエイ3人と、
ヤマハの圧勝かと思われたのですが…
オーケストラと伴奏って事で、
2名がスタインウエイに変更し、
5対5でガチンコ勝負をする。

結果は究極の歴史を背景とした、
王者 SteinWay & Sons でしたが、
ヤマハが肉薄していることを、
日本人の何人が知っていることか??

mada in JAPAN は凄いんだぞ~

さてさて、、、動画はFAZIORIを除いた3社の音色聴き比べ
僕にはSHIGERU KAWAI が一番きれいに聴こえるんですがねぇ~







 宝塚記念、、、
今年の悔しい競馬のベスト3
友人は「ありがと!50倍の馬連ゲットしたよ~」と感謝のライン
僕も買う予定だったけど…
「どうして思った通りの馬券が買えないんだろう?
デムーロと典さんしか見えてないのに
最後の最後でキタサンブラックが3着は外さないだろう馬券で勝負した

しかし9着
北島三郎さんが落胆して「海外遠征は白紙」だという。
何が敗因か??
僕は武豊か騎手がの失敗だったと思う。

この馬、、「馬なり」で気分良く走らせれば、
調整が失敗しようが、展開が左右もしないで、
最後はド根性にモノを言わせてきた。
だから騎手は乗ってるだけで、
直線だけ気合を入れればいいのだ
藤田菜々子騎手でも勝てる。

サトノクラウンが競って来たときに、
手綱を引く必要は無かったんだよね~
馬が完全ヤル気喪失

オルフェーブルも、
ゴールドシップも頭が良くてワガママだったのと同じ
まだ動物を理解していないようだな(
リンク
最新記事
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
プロフィール

セべくん

Author:セべくん
基本的には日々の雑感を、日記的に趣味や生活を書いてます。
(競馬、ゴルフ、野球、サッカー、バレーボール…)や、
時事政治ネタまで幅広くアップしていますので。。。
どうぞ宜しくお願い致します!(^^)!

フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
おきてがみ