ホリエモン

 まず、、ニュースから…
気仙沼で保護されたワンちゃんが飼い主さんに無事戻った話が嬉しかった
奇跡の犬”である。
津波にのまれ、濁流に流されながらも、民家の屋根に避難して、
ヘリコプターに救助されたアノです

普段、飼い主が買い物から戻っただけでも「大喜び」する犬も、、
数週間ぶりのご対面には胸が打たれました
耳を垂らして尻尾が千切れるくらい振ってましたね

まだ人間の行方不明者がたくさんの現状で
「犬なんて
と叱られるかもしれませんが、
素直に喜ばせて下さい

震災の後といえば、
みんなで言葉を選び、、
心無い方の「揚げ足取り」に怯える毎日

若干の自粛節電を意識した普通の生活に戻りましょう


 タイトルの“ホリエモン
堀江なんとか、、、
下の名前も忘れるくらい“ホリエモン”は「超インパクト

今まで「食わず嫌いか、、」
表面と態度のみで拒絶をしてきましたが、、
機会があって彼の著書を読んだ
まな板の鯉云々………」

驚いた事に世の中の見方や、
政治に関する意見が「そっくり同じ

もちろん彼は福岡の進学校から東大へ進み、、
後には“ライブドア”という誰もが知った、
有名会社の「元社長」だ

まな板の鯉というのは、
彼が最高裁まで持ち込んだ裁判の控訴審から、
白旗を上げた現在の心境である

鈴木宗男も収監、、
厚生労働省の村木さんは特捜のミスに救われ難を逃れたが、、
ホリエモンも有罪間違いなし

陪審員制度の裁判なら公平を維持できるので、
判決がひっくり返る事もしばしば有るが、、

日本の司法制度は「検察裁判官」がニギニギ関係なので、
法の拡大解釈をして屁理屈を付ければ、、
検察の楽勝なのである

家宅捜索から裁判の話など赤裸々に書かれているが、
真実に対して真っ向勝負するトコなど私そっくり(爆笑)

しかし違いもたくさん、、、
彼は中学~高校時代の友達がいなく、、
会社の人間とも仲良くならなかったようだし
体育会の「まとまり方」を得意としなかった

唯一彼が心を許したのは“ギャル
他愛のない話が出来る20代前半を友達と言う
中途半端に仕事のできる女性を嫌い、
真面目な話をする相手は「仕事のパートナー」のみ。

なんだか機械的で寂しい男だったみたいだ

もし収監されて社会に戻っても、
今までの様に会社は作らない

宇宙への夢を永遠に持ち続けるんだって
是非実現してもらいたいし、
今後の動向に注目して行こうと思う

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
最新記事
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
プロフィール

セべくん

Author:セべくん
基本的には日々の雑感を、日記的に趣味や生活を書いてます。
(競馬、ゴルフ、野球、サッカー、バレーボール…)や、
時事政治ネタまで幅広くアップしていますので。。。
どうぞ宜しくお願い致します!(^^)!

フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
おきてがみ