沈まぬ太陽

 昨日WOWWOWにて放送された映画の感想です

原作は山豊子さん、
1997年より、3篇にわたり出版された長編小説だ

読んだ事が無い私が批評するのもおかしいが、
方々から入った情報では「素晴らしい力作
と云うのがトータルな感想です

映画館でご覧になって感動された方には失礼ですが、
私は敢えて辛口の感想を述べさせていただきます
(悪意は有りませんのでご理解ください)

まず揺ぎ無い事実は世界のワタナベ
渡辺謙さんの存在感はハンパじゃないです

しかし、、何か歯車が噛みあわないというか…
原作の大作としての良さが実感できないのである

昭和の時代から平成へと時代は流れて、
映像技術は進化しているのに、、
日本の映画はハリウッドに追いつくのはおろか、
香港や韓国映画にも追い越されていく実感

第一にエキストラの存在だろう。
脚本のリアリティの無さはしょうがないとして、、

沈まぬ太陽で言えば、、
飛行機の中で墜落寸前の機内の模様…
墜落後に体育館の中に死体が収容されている施設の模様…
お葬式の列席者…

ただテレビに出たい人を起用している映画界、、
テレビで仮面ライダーのエキストラなら構わないけれど…

A級映画ならスピルバーグターミナルの様に、
空港内部の1人1人が全員芝居をしていて、
本物の空港か
と錯覚させられる映画に仕上げてほしい。

日本ではエキストラの発注者が¥10000出しても、
中間のピンハネが多く、手元に届くのは¥3000だ

本当ならアルバイトで生計をたてている“劇団員”総出で映画を製作するべきだろう
そしてギャラは全て渡されるべきで、
に映る全ての人が「お芝居」をしないと、
つまらない映画になります
観葉植物ではダメなのです(笑)

舞台演劇なら、人のが主役に釘付けになっているときでも、
舞台の端の人だって一生懸命にお芝居をします。。
それでリアリティのある秀作が創作されるのではないでしょうか????

日本の映画界の復活と繁栄を切に願います
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
最新記事
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
プロフィール

セべくん

Author:セべくん
基本的には日々の雑感を、日記的に趣味や生活を書いてます。
(競馬、ゴルフ、野球、サッカー、バレーボール…)や、
時事政治ネタまで幅広くアップしていますので。。。
どうぞ宜しくお願い致します!(^^)!

フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
おきてがみ