ゴルフ“シニアツアー”

シニアツアー(50歳位以上の試合)をじっくり観ました。。
気付いた事があるので書いてみます

、「笑顔がある
やはり眉間にシワを寄せているのを観ているより、
はるかに気持ちがよい

、「ギャラリーの声援に応えている…」
試合現場に行くと、、ファンからの掛け声(応援)が良くかかる。
しかし声が掛っている方向も見ないでスルーする選手が多いレギュラーツアーより、
声援の方向に目を向けて手を上げる事を、
当たり前の様に出来るシニアツアーは素晴らしい
言葉を出して応える事もある。。
これも気持ちのいいものだ

、「労い(ねぎらい)、、」
選手間で18番を終了した後にする「お疲れ様」の挨拶だ。
ボクシングや、サッカー、ラグビーにもある「No Side」と同じです。

レギュラーツアーは「礼」が「形」だけなのである
サインの要求にもそうだ、、
田中秀道プロの様に、ギャラリーの顔を見て握手してサインするのと、、
流れ作業じゃ、、もらった“有り難味”が違いますよね

シニアツアーは選手間でもをつくして
「お疲れ様」と、を見て握手する
観戦者も「形」だったら観たくないもんだろう


野球でも、パリーグは色々とファンサービスをしている。
球場に足を運んだ人は、最後に選手が出てきて“Jリーグの様に”挨拶してくれたら
嬉しいはずである。。
セリーグを観ていると、まだまだ「大名商売」にかんじてしまう。

子供たちの「夢」で有り続ける「エンターテイメント性」を忘れないでほしい
今日のゴルフではそれを感じました
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
最新記事
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
プロフィール

セべくん

Author:セべくん
基本的には日々の雑感を、日記的に趣味や生活を書いてます。
(競馬、ゴルフ、野球、サッカー、バレーボール…)や、
時事政治ネタまで幅広くアップしていますので。。。
どうぞ宜しくお願い致します!(^^)!

フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
おきてがみ