FC2ブログ

ACL 第一節、日本勢が珍しく好発進!!

IMG_4702.png

 昨日は横浜マリノスが韓国で全北現代に勝ち、、
ACL初出場のヴィッセル神戸がホームで爆勝しました。
4日前にゼロックス・スーパーカップで激突した2チームでしたが、
疲れた模様もなく、
怪我人の影響でベストメンバーを組めなかった試合を幸先良くつかめましたねぇ~。

 データーから言うと日本のチームは、
初戦を勝利すると8割がた決勝ラウンドに駒を進めることが出来るそうです。」
それだけ重要な一戦でした。

IMG_4701.png

 一方で勝利を逃した?
FC東京は勝てる試合を監督の采配で引き分けちゃった感じです。
今回はACL常連の鹿島や浦和が出場できずに、
フレッシュな3チームは魅力的です。
神戸が中心外国人選手が2人抜け、
イニエスタ選手に頼りきりなのに対し、
超攻撃的な横浜と東京が面白いです。

IMG_4704.png

 新しい外国人選手を補強できた東京の3トップは破壊力十分
あとはいつもながらJリーグの試合日程との絡みだね。


 見ていて面白かったのは女子バスケの五輪最終予選。
ベルギーのオステンドで4カ国のうち2カ国が最終キップを勝ち取るというトーナメントに、
日本チームも果敢に挑戦。
1位 カナダ
2位 ベルギー
3位 日本
4位 スエーデン

 3連勝したカナダ戦のハイライトを3分にまとめた画像です。
結果は78対80の2点負けの惜敗でしたが、
最後の1秒に逆転のシュートが日本に訪れるなど、、
武者修行には十分すぎるほどのガチンコ対戦でした。

スポンサーサイト



元旦は天皇杯

IMG_4452.jpg

 新国立競技場の杮落とし。
ヴィッセル神戸VS鹿島アントラーズの決勝戦が行われ、
ヴィッセルがタイトルを初めて獲得しました。

 競技場を楽しみしていましたけど、、
どう新しくなったのでしょうか!?
たぶん開閉式の屋根とか、、、
スタンドが変化するとか、、、
流行の複合施設ってだけなんだろうと思います。
外観のデザインも地味で、
今でも廃案になったデザインが悔やまれますね。
ゴルフ場の五輪会場も、
開催にあたって大人の事情が錯綜したもんな~
全てが作為的に利害を生んで行くんでしょう。


IMG_4456.jpg

 ヴィッセルといえば、、
金満クラブで、
仙台の野球チームと比べたら金に物を言わせてビッグネームを補強してきた。
しかし結果が伴わなかったのは監督のせいか?
スタッフの問題か?
あとは補強された有名選手が「ベストコンディションじゃなかった」
って可能性もある。
Jリーグをバカにし引退前の1~2年を怪我を隠してご隠居プレーか?

この試合を最後に引退するダビド・ビジャ選手も然りだね。

IMG_4450_20200102004945bc4.jpg

 この元スペイン代表で、
輝かしい記録を引っさげ来日したんだけど、
たいした活躍は出来なかった。
客寄せパンダには充分だったけど、、

 引退試合という事で、
最後のプレーを僕も「目に焼き付けたい!」と思った。
しかし出場したのはヴィッセルの勝ちが確定した残り3分ほど。
ボールには1回しか触れなかった。
「2点リードしているんだから、、もっと早く出してくれれば、、、」
見ていたサッカーファンは皆そう思ったことだろう。

IMG_4459.jpg

 ガッカリはしたけれど、
このタイトルでシーズン8位ながら、
来期のアジアチャンピオンズカップへの出場が決まった。
今日の試合を見る限り、、、
アジアでも旋風を巻き起こしてくれそうだ。

 一方でアントラーズ
負けて来期は監督が交代するそうです。
この試合は負けても、
中心選手が海外からのオファーに退団したり、
怪我で離脱した選手が多かった中で、
シーズン第3位は見事だったんじゃないだろうか?


 さてさて、、最後はお正月っぽい写真。
大晦日、カウントダウンからの鏡割り
そして門松、、、1年に1回の日本酒をご馳走になりました。

IMG_4464.png


謹賀新年
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

IMG_4444.jpg

今夜のお楽しみ、、、と、オマケ

20191028-00148600-roupeiro-000-11-view.jpg

 ブラジルで行われているサッカーU-17ワールドカップ
地球の反対側で日本の高校生たちが大活躍をしている。
このメンバーから東京五輪に出場って選手は少ないだろうけど、、
次のオリンピック候補生が名を連ねています。
 今夜はグループリーグの最終戦。
初戦のヨーロッパチャンピオン“オランダ”に爆勝して世界を驚かせました。

6c9c6fe7.jpg

 この試合は偶然に生で観ていて、
溌剌として恐れを知らず、楽しそうにピッチを走る子供たちに、、、
つくづく「時代は変わったなぁ~~」と思いました。
以前から10代の日本は強かったんですが、、
全く名前負けしなくなり、
「すぐにでもヨーロッパリーグで活躍するんだ!」って、
夢を見るんじゃなくて現実味を帯びた目標なんだと思いましたよ。

news_288588_1.jpg

 この監督がまた良いんですよw~
近所のサッカー好きオジサンにしか見えない森山監督(元Jリーガー)
監督も楽しそうにやってるもんね(笑)
アメリカに引き分けて大一番が今夜。
セネガルに勝てば1位通過で決勝のステージも有利に運べます。
スタッフの分析力が試されるけど、、大丈夫でしょうか


 さて、、、オマケはラグビーW杯の表彰式。
30秒のシーンは必見。
日本を撃破して優勝した南アフリカチームです。
172センチのスクラムハーフが利いてるチームでした。



ゴルフの松山選手は予想通り順位を上げてきました。
最終日のチャージに期待です。

GOOD NIGHT

ACL 準々決勝 浦和が勝ち進む!!

IMG_3862.png

 アジアチャンピオンズリーグが終盤を迎えました。
東アジアのベスト4に日本から2チーム、
中国から2チーム。
一昔前なら日韓戦のカードだったこのステージ、
チャイナマネーでクラブ強化を図った中国が日本のクラブに立ち塞がっていた。
このラウンドに入ると「ホーム&アウエイ」で2試合戦います。
国内のリーグを戦いながらの参戦に、
残った日本のクラブは古豪「浦和」と「鹿島」
昨夜は浦和が敵地ゴールの差で辛勝
レッズが東アジアの決勝へ駒を進めました。

 今夜は鹿島VS広州戦だ。
鹿島スタジアムに行ってみようか考えたけど、
天気で断念
テレビで応援しようと思います。
この試合で勝ったチームが浦和と戦い、
勝ち上がったチームと西アジア(中東)チャンピオンと世界W杯の出場権を賭けます。
もちろん東アジアの決勝は日本勢同士を望むよね

IMG_3863.png

 中東からは3チームがベスト4に進んできたサウジアラビアと、
12月のW杯開催地のカタールから「アルサッド」が勝ちあがってきたけど、、
決勝はアルサッドとACL常連のアルヒラルと決まっています。
サウジはイランと戦争にもなりそうな気配、、、
カタールのアルサッドは開催国枠での出場を決めています。
もしアルサッドが勝てば、
戦わずして東アジアのチャンピオンが世界W杯の出場を決めるのですが、、
簡単には問屋が卸さなそうです


 さてさて、、
バスケットボール界からは良いニュースが飛び込んできました。
馬場雄大選手

IMG_3861.png

日本から3人目のNBAプレーヤーが誕生するかもです。
契約してもらっても、試合に出てナンボですから、
これからが苦難の道になるとは思うけど、、、
サッカーでも野球でも世界と日本を近づけてくれた
野茂英雄さんに感謝しなくちゃですね

久保健英

630kubo.jpg

 くぼたけふさ選手。
小学生の頃、メッシと同じようにスペインのFCバルセロナにスカウトされて、
天才と言わ染めた逸材だ
しかし15歳のときに、
日本のJリーグと契約してからというもの、、
レギュラーの座を得たとは言い難かった

 たま~に試合へ出る程度、、、
それが急に日本代表へ呼ばれて日本の救世主呼ばわりをされ。
マスコミに持て囃されて、トレンディードラマの主役を張ったかと思えば、、
スペインの強豪、レアルマドリッドへの電撃移籍を発表しました。

IMG_3548.png

 もちろん大リーグで言えばマイナー契約だけど、、
一連の流れが理解出来ないと言うか、、、、
本当にレアルマドリッドが実力を認めたのだろうか!?
可能性とすれば日本の企業がレアルのマイナーチームに巨額を投じて、
久保選手の出場を条件にテレビの放映権を買ったのかも知れない。
そして日本代表へ呼ぶ。
また視聴率が跳ね上がるって構図だろうか、、、、、、

 僕の目が節穴か??
邪推が当たるのか??
マイナーリーグとは言え、何得点決められるか??
トップリーグへ昇格できるか!?
目が離せない選手になった事だけは事実だな

良い意味で僕を裏切ってくれ
久保健英選手 Fight
リンク
最新記事
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
プロフィール

セべくん

Author:セべくん
基本的には日々の雑感を、日記的に趣味や生活を書いてます。
(競馬、ゴルフ、野球、サッカー、バレーボール…)や、
時事政治ネタまで幅広くアップしていますので。。。
どうぞ宜しくお願い致します!(^^)!

フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
おきてがみ