清宮幸太郎と久保健英

0508a.jpg

 サッカーも視聴率なら、、
野球も視聴率か??
リーグ優勝を狙いに行くのか、、、
観客動員とグッズの売上げが至上命題か、、、、

 ドラフトのクジ運がピカイチの日本ハムファイタース
まだまだ発展途上のドラフト1位ルーキーを起用できる余裕采配
守備位置にも注文がつくので、
チームのキャプテン「中田」を外野に回したり、
ニュースでは大きなファールを打っても…
ボテボテの内野安打でも…
守備では中学生でも取れるショートバウンドを捕球しても…
「凄い!」「天才!!」「大物!!!」 等々、、歯の浮くようなお世辞を連呼(笑)
違和感があるなぁ~
 レギュラーを目指している、同じかそれ以上の結果を出せる選手たちから見て、
どう写るんだろう
チーム全体の士気が下がらないと良いんだけどね。

 凄いな!と思うところは、
体の柔らかさ
怪我をしなそうな柔軟さは持って産まれた宝だし、
ボケ~とした「ノー天気さ」も、プロでやっていくのに必要不可欠な要素。
ハンカチ王子になるのか、、、大谷翔平になるのか、、、
マスコミでこれだけ煽れば気になる存在にはなるよな


 一方、サッカー界では久保建英(くぼたけふさ)
小学生のときにFCバルセロナの下部組織に入団した逸材で、
現在は16歳、Jリーグでプロ契約を果たし、1軍に帯同している。
同様にマスコミに奉り上げられて、
「日本代表待望論」まで飛び出しているのだけれど、、、
清宮と違うのは、冷静に自分を分析し、
ヨイショされても不快感にインタビューを返す神経質ぶりだ
ある意味で取材記者に対して、
「どこに目を付けているんだよ!!」って、
遠まわしで言えるビッグマウスなのかもしれないけどさ(爆)

テレビの解説者も、、新聞記者も、、
見る目が無いんじゃなくて忖度されているんだから、
あまり神経質にならないほうがいいのだけれど、、
久保の場合はヨイショに潰されないと良いんだけどなぁ~
スポンサーサイト

大谷翔平選手の活躍

AS20180329003136_comm.jpg

 な、ななんと、
この赤いユニフォームと、エンジェルってチーム名が
こんなに似合うんだろう
爽やかでキュートだよね~

 大谷翔平選手
投手としてはダルビッシュ選手くらいの活躍は予測できたけど、、
(ってまだ1ヶ月だけどさ…)
バッティングが通用するとは思わなかった。
パワーは松井秀樹氏と匹敵するか、、それ以上を思わせる飛距離

 じゃぁなんで想定外??」と言われれば、
左足親指の付け根で踏み込んで体重を乗せる松井氏に比べ、
イチロー型と同じ「後傾体重」(かかと体重)でフルスイングする大谷選手が、
バックスクリーンにホームランを叩き込む姿は想像できなかったです

 今後は研究対象になり、警戒もされるから正念場も来るだろうけど、、
大リーグに輝く金字塔の記録を打ち立てて欲しいよねぇ~
二刀流!!」 

腕が長い大谷選手の課題はインコース高めの剛速球だと思うんだ
上手くたためるかなぁ~~~


AS20180225000839_comm.jpg

 で、、投球の方はと言うと、、、
審判次第なんだと思う。
僕は打撃戦になるのも、投手戦になるのも審判の判定一つだと思っています。

 要はギリギリでどちらとも取れるウイニングショットを、
ボールと言われるか、、、ストライクといわれるか!?
人間の判断だから個体差が出てきちゃうんだねぇ~
アスレチックス戦は判定が緩く、、
レッドソックス戦は辛かった
それは剛球を捨てたテクニシャン「田中将大」や、
ダルビッシュも同じ。
日本人ピッチャーの生命線は低目と四隅だ

 経験を積んで審判のクセを掴んだり、
利用できるようになったら本物になるんだろう

 先日は日本でもタイガースのメッセンジャー投手が退場になったシーン。
誰が見てもストライクの投球をボールと言われ、
一度は我慢したけれど、同じことが二度あり、、
さすがにキレちゃったケース
あきらかに人種差別か、、ギリギリはボールとしか言わない審判か??

アメリカではガイジンなんだよw
審判を味方につけようぜ!!
大谷翔平!!!
頑張れ!!!!

ワールドシリーズ、前田健太が雄叫び!!

maekenn.jpg

 いよいよ世界一が決まる。
ワールドシリーズ第7戦はダルビッシュの予告先発で、
日本時間の9時AMにプレーボールだ

負けたら終わりの第6戦
前回の登板で、アストロズ打線から火達磨にされたマエケンが7回、
ノーアウト、ランナー1塁の場面で3番手の投手として起用された。

日系混血のロバーツ監督の信頼は揺らいでいなかったようだ
短期決戦、中継ぎ投手の役割は完全にストッパー
勢いが付いて活き上がる打線を沈黙させなければならない。

最初の打者を注文通りのセカンドゴロで「ゲッツー!!」と思いきや、
打者の足が異様に速くアウト1つ
次の打者はショートに内野安打
次の打者のセンターフライでタッチアップ

2アウト、ランナー1塁、3塁で、
MVP男アルトゥーベを迎える。
奇しくも前回登板でマエケンを粉砕したスーパースターだ。
この場面では鬼気迫るマエケンの投球が結果的に勝ったわけだけど…
迫力の対戦は見所充分だった

応援に鳴り物が無く、
6万超の観客の溜息や地響きと共に唸るような掛け声、、、
ロサンゼルスは興奮の坩堝に化していた。
もちろん僕の胸のモヤモヤもスカっとしたし、
前田健太が誇らしかった

ベースボール最高

意外にナイーブで気が小さいダルビッシュも、
前回登板は粉砕されている
ボールの勢いは負けない迫力があるのだから、
ここで男を上げてほしいもんだ

前回、アジア人を蔑視しナメたキューバ人を押さえ込め
そして仁王立ちだぜダルビッシュ


横浜DeNAはようやく一矢を報いた
今までは必死さが「緊張」って形で、
エラーやフォアボールになり、、
余裕のスマイル「工藤監督」の牙城は崩せてかったけど…
らしさが出た試合でした。

もう一丁行こうかぁ~

横浜ベイスターズ、日本シリーズへ駒を進める!!

DM55G3pVAAEhGCE.jpg

 まさかの!?って言ったら、
ラミレス監督には失礼だけど…
戦力的に勝ち抜く気がしてなかった

だけど、、よくよく考えると、
神ってる鈴木と、猛爆エルドレッドがいないカープって、
まるで迫力が無い打線に感じた??
新井が4番で、松山が5番だもんな。
新井はランナーが溜まった時の代打だと怖い選手

雨で2日、試合が流れた後に、
両監督のインタビューが取れてたのが興味深かった。

緒方「2日間バッチリ練習してズレた感覚を修正してきました」
ラミレス「ゆっくり休んでリラックスしてもらいました」

僕は内心「お!これで野球VSベースボールになるぞ!」
「勝つ可能性がある」と過ぎった。

日本人の監督って、
セオリーを崩せずに、練習を休むのを怖がるんだよね
シーズンの後半戦、選手たちは疲弊しているはずなんだ
マッサージしたり、ジャグジーに入ったり、、、
脳をリフレッシュする方が絶対に効果的だよw。

それと短期決戦の方法。
緒方監督はいつも通りの「カープスタイル」を貫く。
ラミレス監督の投手起用はオールスター並み(
出し惜しみすることが無く、
先発投手のリレーなど、セオリーと型を破った総力戦。
選手の乗せ方や、
外国人助っ人の使い方も巧い

シーズン中のデータなども、
短期決戦では覆るもんだ
「勘」「閃き」「我慢」「信頼」
どれをとっても素晴らしいの一言。


かと言って、
ソフトバンクには通用しないだろう。
柳田が帰ってきたし、、、
内川も復帰。。。。
デスパイネの負担も少なくなるし、
また「雨乞い戦法」しかないな
計算できるピッチャーが2人しかいないんだもん

当たって砕けろ
頑張れ、横浜DeNAベイスターズ

ベイスターズとドラフト会議

 昨日は疲れる仕事だった
練習場や量販店の仕事と違い、
スタジオ内での仕事は「縁故」・「VIP」などの対応が面倒だ
「なになに銀行や、どこどこ証券、、グループ企業の役員」は意識しないで粛々とこなせるが、
PGA(日本ゴルフ協会)理事、、だと訳が違う「超プレッシャー」を味わい、
3日分も疲弊したぜ


 プロ野球のプレーオフ、
CSステージは、セ・パ共に3位チームが勝ち進んだねぇ~
シーズン中はマジマジ見なかった試合だったけど、
阪神VS横浜の3戦目はじっくり観させてもらいました

もし僕が横浜の監督だったら…
って視線で阪神や金本監督を見ると、
けっこう勝てんじゃね!?」って思えてしまう

主力がアラフォーで、
ホームランも少ないチームに、
監督への不信感を持ってそうな能美の先発。
こっちには「当たればホームラン」のロペスがいる

なんだか金本監督って。
「俺の野球をやるぞ!!付いて来れない奴はサヨウナラ!!」
みたいに、、性格が合う?合わない?まで組み込んでいる様にも見えたシーズン。
選手がノビノビしてないもん(

広島との第1戦は雨天コールド負け
ま、どうせ勝てないな。
策士の緒方監督と機動力、
ホームランが無くても強すぎる
ピッチャーも良いし、、、

一方、横浜はウィラーしか計算できないから

2017092500858.jpg



話は変わるけど、、
26日のドラフト会議、、、
早稲田実業、清宮の争奪戦だと言う。
客寄せパンダで入団させるなら、
ハンカチ王子の二の舞になる予感。
ホームランの記録も、
弱小チームから量産している点をスカウトはどう評価しているんだろう?
守備位置がファーストと云うのも使いづらいんでは
俺なら指名は3順目くらいかな…


最後にサッカー、ACL
浦和レッズの照準はココに注がれてる
L、シルバの得点を守りきった。

f3570_260_2017-10-18-urawa_zsvw9itfuqps1a6nbvrxoxqz7-m.jpg

 上海上港の猛爆をシャットアウトできたのも、
ハリルホジッチがもたらしたデユエル
サッカー用語の決闘が、やっとJリーグにも浸透してきたかな、、と思えた。
準決勝は事実上、東アジアの王者決定戦
決勝は西アジアを勝ち進んできたサウジアラビアのクラブとガチンコの勝負だ

もし突破すれば10年ぶりのアジア王者に帰り咲く
世界クラブ選手権に開催国枠以外の出場を熱望しとこう
リンク
最新記事
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
プロフィール

セべくん

Author:セべくん
基本的には日々の雑感を、日記的に趣味や生活を書いてます。
(競馬、ゴルフ、野球、サッカー、バレーボール…)や、
時事政治ネタまで幅広くアップしていますので。。。
どうぞ宜しくお願い致します!(^^)!

フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
おきてがみ