FC2ブログ

甲子園での出来事

aee99191-s.jpg

 岡山県、創志学園VS山口県、下関総合。
昨日の第一試合だったんですが、、
同じ中四国地域の代表同士、面白い試合だった。
 僕の目を引いたのは、
気合の篭もった投球の西投手(写真)が、
主審からガッツポーズで注意を受けたこと。
監督は負け惜しみか?
あの子の個性なんだから、どこが悪いの!?」と、
ルールを知らないのか、、不服の弁を述べた。

 そりゃ~県の予選から同じ事をしてきて、
いきなり甲子園の2回戦で注意を受けたんだから、
そう思う気持ちも分かる。
だいたい主審をやってみると分かるけど、、
アウト&セーフ
ストライク&ボールの白黒判定には厳密対処できるもんだけど、、
非紳士的行為とか、、ユニフォームの着こなしで注意をするのは勇気がいると思う。
「よくやった!」
素晴らしいジャッジだったと思う。
明らかにバッターを睨み、勝利の雄叫びを上げている。
 僕らの時代はバレーボールでさえ、こんな感じだったから、、
覇気があって個人的には好きだけど、、
ルールで明記されればアウト!」
傷口に塩を塗りたくなかった??
彼の投球毎に落ちる帽子も注意対象だったと思う
帽子は頭に載せる物じゃなくて、、
被るんだ

 遠い昔、、
草野球の日産グリーンカップへエントリーしたことがある。
もちろん身の程知らずで1回戦負けだったけど、、
対戦相手が運悪く、前年度の全国ベスト8
ゲームセットのあとに、審判が勝者を呼びとめ、
貴方達は東京ドームに行くチーム
今日は相手なりの判定をしたけど、、」
上に行ったらボークを取られるから注意して!」
と投手に助言を与えていた。
内心悔しかったけど、、
たぶん僕らのピッチャーに合わせた判定をしていたんだろう。
 僕が今、バレーの主審をする時のバイブルになっている。
下手くそが集まった草バレーの試合で、
厳格に反則を取ったら、ラリーも続かないし、、
プレーしている選手も面白くなくなっちゃう。
所詮、「遊び」のジャッジは遊び心が大事だよね~。

 しかし甲子園、、
後はプロ野球に行く選手もいるだろうし…
高校生最高峰の舞台だ
「個性だから良いジャン」は無いと思う。
と同時に、、
県予選のレベルの低い試合でも、
試合が終わったあとに、
監督や投手に助言できたのではないのか
スポンサーサイト

想像以上の大活躍

GettyImages-955604282.jpg

 正直、投手として成功し、
バッターとしては苦戦するんじゃないかと思わせた、
大谷翔平選手
ここまでは、肘の状態で投球が出来ない時期もあり、
投手としてより、
バッターとして、
エンジェルスの無くてはならない存在として輝きを放っている

 一番の驚きはパワー。
若干かかとに体重が残る、
イチロータイプのスイングをしているので、
飛距離では通用しないんじゃないかと思ったけど、、
どうしてどうして、、、
大リーグのバッターに引けは取らない打球スピードと飛距離を証明している。
左バッターは総じて、
打球がグラウンドに飛んでいくと、
自分の背中の方(一塁)に走らなくてはいけないので、
かかと体重になりやすいのだけど、
ボディーターンが半端なく早いんだねぇ~
松井秀樹さんより飛ばすんじゃないの!?

 大谷選手の成功は人柄とスマイルだと思っている。
人を惹き付けて魅了するんで、
同僚からも好かれている感じが伝わってくるよ。

 このあとアメリカに渡って欲しい日本人。
ソフトバンクの柳田選手と、西武の菊池雄星投手、、
スマイル」の部分でどうだろう??
サッカーでもベースボールでも、
成功の鍵は人間性と、同僚と馴染むことだと思う。
大谷選手の成功から学んで欲しいねぇ~

構え(アドレス)もカッコ良いや


さてさて、、、
土曜の夜から台風が本州に上陸するらしい
次から次へと自然の猛威が襲い掛かってくるな
土日の仕事はどうなるんだか…

苔の香りを嗅いで、癒されながら心を落ち着けておこっと

IMG_2120_20180722123601559.jpg
  (趣味の生きているコケ球

清宮幸太郎と久保健英

0508a.jpg

 サッカーも視聴率なら、、
野球も視聴率か??
リーグ優勝を狙いに行くのか、、、
観客動員とグッズの売上げが至上命題か、、、、

 ドラフトのクジ運がピカイチの日本ハムファイタース
まだまだ発展途上のドラフト1位ルーキーを起用できる余裕采配
守備位置にも注文がつくので、
チームのキャプテン「中田」を外野に回したり、
ニュースでは大きなファールを打っても…
ボテボテの内野安打でも…
守備では中学生でも取れるショートバウンドを捕球しても…
「凄い!」「天才!!」「大物!!!」 等々、、歯の浮くようなお世辞を連呼(笑)
違和感があるなぁ~
 レギュラーを目指している、同じかそれ以上の結果を出せる選手たちから見て、
どう写るんだろう
チーム全体の士気が下がらないと良いんだけどね。

 凄いな!と思うところは、
体の柔らかさ
怪我をしなそうな柔軟さは持って産まれた宝だし、
ボケ~とした「ノー天気さ」も、プロでやっていくのに必要不可欠な要素。
ハンカチ王子になるのか、、、大谷翔平になるのか、、、
マスコミでこれだけ煽れば気になる存在にはなるよな


 一方、サッカー界では久保建英(くぼたけふさ)
小学生のときにFCバルセロナの下部組織に入団した逸材で、
現在は16歳、Jリーグでプロ契約を果たし、1軍に帯同している。
同様にマスコミに奉り上げられて、
「日本代表待望論」まで飛び出しているのだけれど、、、
清宮と違うのは、冷静に自分を分析し、
ヨイショされても不快感にインタビューを返す神経質ぶりだ
ある意味で取材記者に対して、
「どこに目を付けているんだよ!!」って、
遠まわしで言えるビッグマウスなのかもしれないけどさ(爆)

テレビの解説者も、、新聞記者も、、
見る目が無いんじゃなくて忖度されているんだから、
あまり神経質にならないほうがいいのだけれど、、
久保の場合はヨイショに潰されないと良いんだけどなぁ~

大谷翔平選手の活躍

AS20180329003136_comm.jpg

 な、ななんと、
この赤いユニフォームと、エンジェルってチーム名が
こんなに似合うんだろう
爽やかでキュートだよね~

 大谷翔平選手
投手としてはダルビッシュ選手くらいの活躍は予測できたけど、、
(ってまだ1ヶ月だけどさ…)
バッティングが通用するとは思わなかった。
パワーは松井秀樹氏と匹敵するか、、それ以上を思わせる飛距離

 じゃぁなんで想定外??」と言われれば、
左足親指の付け根で踏み込んで体重を乗せる松井氏に比べ、
イチロー型と同じ「後傾体重」(かかと体重)でフルスイングする大谷選手が、
バックスクリーンにホームランを叩き込む姿は想像できなかったです

 今後は研究対象になり、警戒もされるから正念場も来るだろうけど、、
大リーグに輝く金字塔の記録を打ち立てて欲しいよねぇ~
二刀流!!」 

腕が長い大谷選手の課題はインコース高めの剛速球だと思うんだ
上手くたためるかなぁ~~~


AS20180225000839_comm.jpg

 で、、投球の方はと言うと、、、
審判次第なんだと思う。
僕は打撃戦になるのも、投手戦になるのも審判の判定一つだと思っています。

 要はギリギリでどちらとも取れるウイニングショットを、
ボールと言われるか、、、ストライクといわれるか!?
人間の判断だから個体差が出てきちゃうんだねぇ~
アスレチックス戦は判定が緩く、、
レッドソックス戦は辛かった
それは剛球を捨てたテクニシャン「田中将大」や、
ダルビッシュも同じ。
日本人ピッチャーの生命線は低目と四隅だ

 経験を積んで審判のクセを掴んだり、
利用できるようになったら本物になるんだろう

 先日は日本でもタイガースのメッセンジャー投手が退場になったシーン。
誰が見てもストライクの投球をボールと言われ、
一度は我慢したけれど、同じことが二度あり、、
さすがにキレちゃったケース
あきらかに人種差別か、、ギリギリはボールとしか言わない審判か??

アメリカではガイジンなんだよw
審判を味方につけようぜ!!
大谷翔平!!!
頑張れ!!!!

ワールドシリーズ、前田健太が雄叫び!!

maekenn.jpg

 いよいよ世界一が決まる。
ワールドシリーズ第7戦はダルビッシュの予告先発で、
日本時間の9時AMにプレーボールだ

負けたら終わりの第6戦
前回の登板で、アストロズ打線から火達磨にされたマエケンが7回、
ノーアウト、ランナー1塁の場面で3番手の投手として起用された。

日系混血のロバーツ監督の信頼は揺らいでいなかったようだ
短期決戦、中継ぎ投手の役割は完全にストッパー
勢いが付いて活き上がる打線を沈黙させなければならない。

最初の打者を注文通りのセカンドゴロで「ゲッツー!!」と思いきや、
打者の足が異様に速くアウト1つ
次の打者はショートに内野安打
次の打者のセンターフライでタッチアップ

2アウト、ランナー1塁、3塁で、
MVP男アルトゥーベを迎える。
奇しくも前回登板でマエケンを粉砕したスーパースターだ。
この場面では鬼気迫るマエケンの投球が結果的に勝ったわけだけど…
迫力の対戦は見所充分だった

応援に鳴り物が無く、
6万超の観客の溜息や地響きと共に唸るような掛け声、、、
ロサンゼルスは興奮の坩堝に化していた。
もちろん僕の胸のモヤモヤもスカっとしたし、
前田健太が誇らしかった

ベースボール最高

意外にナイーブで気が小さいダルビッシュも、
前回登板は粉砕されている
ボールの勢いは負けない迫力があるのだから、
ここで男を上げてほしいもんだ

前回、アジア人を蔑視しナメたキューバ人を押さえ込め
そして仁王立ちだぜダルビッシュ


横浜DeNAはようやく一矢を報いた
今までは必死さが「緊張」って形で、
エラーやフォアボールになり、、
余裕のスマイル「工藤監督」の牙城は崩せてかったけど…
らしさが出た試合でした。

もう一丁行こうかぁ~
リンク
最新記事
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
プロフィール

セべくん

Author:セべくん
基本的には日々の雑感を、日記的に趣味や生活を書いてます。
(競馬、ゴルフ、野球、サッカー、バレーボール…)や、
時事政治ネタまで幅広くアップしていますので。。。
どうぞ宜しくお願い致します!(^^)!

フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
おきてがみ