FC2ブログ

高校ラグビーと春高バレーの雑感

IMG_1068.jpg

お正月の玄関飾り、、、
地方によって、くっ付いてる「トッピング」も、
呼び方にも色々あるって話題が銭右衛門さんのブログで展開されていたけど

こちらのブログ ⇒ なまら北海道だべさぁ~

 恥ずかしい話、、
我が家は間に合わせ??
ドラッグストアでケチって購入
ま、近所で目立ちたくない、、って昭和・東京モンの悪いとこ
江戸っ子を張ってた爺ちゃんが知ったら雷を落とすかもね

 今朝は暖かかったので、
久しぶりに土いじり
枯れかけた欄の葉っぱを植え替えてみたよ。
復活するとけっこう嬉しいよね

IMG_1065.jpg


 さてさて、、暮れは高校バスケ、、、
正月明けからはラグビーで楽しませてもらった。
準決勝では東西の横綱が破れ、
大関の大阪2校が決勝で対決すると言う、
関西では大盛り上がりだったと思う。
 
 僕が一番に感動したのは、
大阪桐蔭 VS 桐蔭学園
終了間際の猛攻
ラグビーではロスタイムを取ることが少なく、、
時間を過ぎた時点の攻撃しているチームが反則したり、
守備側のチームがターンオーバーして終了する。

 大阪桐蔭が5点リードしていた終了間際、
桐蔭学園の最終アタックがなんと「60フェーズオーバー
フェーズと言うのは連続攻撃の回数。
普通は3~10で相手方に攻撃権が渡るのだけど、、、
9分間も自陣から相手ゴールライン手前2メートルまで攻め込み、
涙のホイッスルを迎える
歴史に残る名勝負だと思ったよ

 ※こちらがJスポーツのダイジェスト版。




 ※こちらが最後のアタックをスタンドから撮影した無声録画。


 
 
 見ていて感じたのが、
ベスト4校の体格の凄さだね。
高校生の身体じゃないくらいの筋肉武装
科学の力と、戦術面の進化は日進月歩だと思った。

 だいたい日本人はポジションを決め、
役割分担をしたシステマティックを好む(
サッカー、、、
特にバレーボール
野球も2番バッターは「バントする人」とか、、、

 サッカーでは1974年ごろ、
オランダのヨハンクライフがトータルフットボールを掲げ、
全員守備~全員攻撃で世界をアっと言わせ、
今ではトレンドになっているし、
ラグビーでもフランスのシャンパンラグビーと言う、
泡のように至る所から沸いて出てくるようにポジションチェンジをして革命を起こした。
世界は違うスピードで動いてるんだよw

 日本はハリルホジッチ監督がパサー不在のモダンなチーム編成をしているけど、、
ヨーロッパ人はメディアを敵に回すので、
たいがい潰されちゃうんだけど、、
今回は定着しそうで心強い

 しかし春高バレーを見ていていたら、、
紅白歌合戦を見ているような安堵感は感じるけど、、
試合は化石化してるよね
化石の方が視聴率がとれるのは分かる

女子の決勝戦。
僕らが子供の頃にやっていた、「サーブレシーブから速攻」でカッコ良かったのは九州龍谷。
だけど勝者は化石バレーの金蘭会
運と流れ一つが勝負の分かれ目でした。

臨機応変、アイコンタクト、奇襲、、
進化はミュンヘンオリンピックでバッタリ止まってる
東京体育館では「天井サーブ」
森田淳吾先輩の1人時間差、ドライブサーブ、、
日本がアイディアの先駆者だったのに、、

リベロを置く事によって、
役割分担がはっきりしたのも、
停滞の一因なんだろうなぁ~

全員がどのポジションも出来て、
ポジションを七色に変化させるトータルバレーボールが見れる時代は来ないモンか
スポンサーサイト

NO SIDE ! !

IMG_1024.jpg

 右の黒いユニフォームが敗者 シード校の御所実業(奈良)
左が1回戦で富山を破り活き上がる勝者
報徳学園(兵庫)

 ガチンコでぶつかり合った直後の終礼です。
ここまでお互いが目を見て健闘を称え合える球技って、
ラグビーしかないと思う。
見ていて目頭が熱くなるシーンだ。

まさに敵も見方も無いノーサイドの瞬間。

 ウインタースポーツが真っ盛りの中、、
高校ラグビーが、
CS放送のJスポーツで全試合観れる
ラグビーは聖地、花園でシード校が顔を出す2回戦が火蓋を切ったよ
 たまたま奈良県予選の決勝で、
この御所実業が強豪の天理高校に勝った試合を観ていた事から、、
注目していた試合でした。

優勝候補の東福岡が爆勝したり、
大阪、東京、神奈川、、シード校の勢いが止まらない中での接戦で面白かったゼ。

IMG_1021.jpg

 ワールドカップの活躍で、
一瞬だけ火が点いたラグビー人気も、
最近では五郎丸のの字も聞かれなくなったね
一過性の野次馬ファンは、
あっちに行ったり、こっちに行ったり、、冷たいもんだし(
来年になれば、W杯の日本開催で盛り上がりそうなんだけど…

その前にも直感さんは花園で盛り上がる
先日、終了したバスケのウインターカップも見所があったけど…
個人的には幼馴染が通った目黒学院を応援しよっかな

 ラグビーでは審判が完全にゲームをコントロールし、
選手は判定にクレームを付けたり、アピールプレーすらしない。
清々しさと肉体と魂のぶつかり合ったコントラストが芸術なんだと思うよ

下の写真は勝ったチームのキャプテンが、
敗者チームの監督に挨拶するシーンなんだけど、、
監督からは頭を深々と下げてありがとう!!」の言葉もマイクは拾う、、
胸を打ったねぇ~。

IMG_1033.jpg

 こう言う話はバレーボールをやっている人には通じない会話(
ゴルフも儀礼的には同じようなことをプレーヤー同士でやるんだけど、、

急に思い出した
女子ゴルフでは見るわ、たまに
女子の球技って試合後に自分たちだけで喜ぶから最後はチャンネルを換えちゃうんだけど、、
ゴルフは女子だな
ハグし合うもん

 

 高校ラグビー、点差が開いて勝敗が決しても、
諦めることなく意地を見せて食い下がるシーン等々、
3回戦以降もドラマが胸を熱くしてくれるでしょう

頑張れ!ラガーマン!!

ラグビー、欧州6ヶ国対抗戦

0214w.jpg

ヨーロッパが熱いねぇ~
まだ2節が終了したばかりだけど…
6つの国が総当たりで「最強チーム」を決定する。

0214q.jpg

イタリアだけランキングに差があるために、
苦戦を強いられるけど…
その他の5カ国の差はわずか

お正月に、日本の大学選手権を見たけど、
別なスポーツにも感じますねぇ~

0214t.jpg

体格の大きさ、迫力、スピードも段違いだけど、
ディフェンス力が素晴らしいので、
簡単にはトライが決まらず、
ゴール前の攻防には手に汗を握ります

トライで5点、その後のゴールキックが決まれば2点。
ペナルティキックは3点。
ゲームの流れの中で、一度ボールを下に落としてキックをし、
ゴールを狙うのがドロップゴール(3点)

このレベルだと、
トライは少なく、ペナルティキックの数で勝敗が決まる事も珍しくありません。
五郎丸選手が重宝されるのも、そんなトコなんですヨ

0214e.jpg

ただ「キック合戦」だけにならないように、
引き分けの場合、トライ数で上回る方を勝ちにしたり…
負けてもトライ数によっては、
勝ち点にボーナスポイントが加算されるレギュレーションがあり、
観ている方も飽きさせません

優勝候補は世界ランキング2位のイングランド。
このチームの監督は知る人ぞ知る
エディジョーンズだ
元日本代表監督です

0214r.jpg

イングランドの監督が、
日本を指導してくれていたなんて…
今から考えても夢のようでした

残り3節。
テレビではWOWWOWさんがカバーしてくれています
個人的にはフランスを応援しながら、
3月後半まで楽しんじゃお~っと

日本大学ラグビー選手権

IMG_4781.jpg

W杯、桜のジャージの大躍進で、
一瞬火が点いたかのようなラグビー界。

秩父宮ラグビー場で行われた、
大学選手権の準決勝はチケット完売

第一試合は、関西リーグ2位の同志社大学と、
関東リーグ1位の東海大学の戦い

IMG_4779.jpg

ハッキリ言って、
体格の差も歴然で、
外国人留学生が躍動し、
ここまで楽勝続きで勝ち上がってきた、
東海大学の勢いは止められず…

12対74の大差で、
同志社は平尾誠二さんの弔い戦にはならなかった

12トライの内、5つのトライをした、
東海大、NO.8テビタ・タタフ選手が印象的で、
重戦車のような突進は迫力十分

IMG_4780.jpg

ラグビーは生で見てほしいです。

第二試合は、
関西リーグ1位の天理大学と、
明治、早稲田、慶応を押さえて、
関東対抗リーグ1位で勝ち上がってきた帝京大学の1戦。

IMG_4785.jpg

ジャージの色、
赤が帝京で、真っ黒が天理。
真っ黒ってニュージーランドのオールブラックスを連想させるのか、
なんか強そうに見えた

終わってみれば、
42対24
ゴールラインすれすれで、
ラインを割らせないディフェンス力に見どころがありました。

この両チームの体格も凄いし、
スピードも凄い。
サッカーもバレーもそうなんだけど…
パスのスピードと人の動くスピード、判断のスピードが、
上位になればなるほど速い。

前半こそクロスゲームで拮抗しましたが、
後半になると帝京が天理を突き放しました

IMG_4786.jpg

来週は仕事で観れないけど…
東海大学VS帝京大学
面白そうな闘いになりそうだ。

個人的には試合後、
秩父宮の入り口付近に集まっていた、
東海の選手の中にタタフ選手を見つけ、
声を掛けた

ニコっと笑って握手をしてくれた彼を注目している。

またしても大金星「7人制ラグビー」

 南半球のイベントに寝不足だからか…
職場のエアコンが東南アジアのホテル並みに利いているからか…
たぶん夏風邪をくらっているのだろう(
頭が痛い

しかし連日連夜のドラマは
ライブで見なければ感動を味わえないよね

普段の能力を出し切れた人、
それ以上弾けて歓喜した人、、、、
残念な結果に涙した人、、、、
見逃せないドラマが続く

卓球の石川選手が3回戦で負けた

重量挙げを見ていたら胸が苦しくなった
あの顔の表情、、、血管が破裂しないのかい???


逆の意味で胸が苦しくなった65秒は、、、

IMG_4188.jpg

セブンスの呼称でおなじみの
7人制ラグビー
南アフリカの奇跡がブラジルでも起こったのだ

あのオールブラックスからリードを奪っての残り65秒
長かったねぇ~
見ているこっちもリキんじゃったよ(

IMG_4186.jpg

少しだけ違和感を感じたのは、
フランスのサッカーチームを
チームアフリカと比喩するのなら…
桜のジャージはチーム南太平洋 

卓球の中国人のように選手が流出している南太平洋の強国から、
日本も高校・大学と留学生を迎い入れている

IMG_4184.jpg

その比率が多すぎるとねぇ~
嬉しいんだか、、、なんだか、、(
しかし日本ラグビー界、
ワールドカップ開催に向けて視界良好だ


サッカーはコロンビアと引き分けたのは凄い
スエーデンには勝てる気がする
しかしナイジェリアがコロンビアに勝てるだろうか??
すでに1位通過を決めているから主力を」温存するような気がする。

勝ち点がナイジェリア「6」
コロンビア「5」
日本「4」
スエーデン「1」

初戦をせめて引き分けだったら、、、面白かったのにね

厳しいかな
リンク
最新記事
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
プロフィール

セべくん

Author:セべくん
基本的には日々の雑感を、日記的に趣味や生活を書いてます。
(競馬、ゴルフ、野球、サッカー、バレーボール…)や、
時事政治ネタまで幅広くアップしていますので。。。
どうぞ宜しくお願い致します!(^^)!

フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
おきてがみ