FC2ブログ

“みなとみらい”な夜

IMG_6230.jpg

 昨夜は久しぶりにライブへ行ってきました。
横浜市は不要不急の外出を控えるように要請し、
飲食店は打撃か!?と思いきや、、
僕の知り合いのお好み焼き屋さんが時短営業に切り替えたけど、
この街は眠らない街のようだ。
日本全国から観光客が押し寄せ、
外国人も多勢で足を運ぶ。
たぶんテレビのニュースやワイドショーを見ない人たちなんでしょう(
僕は見てるけど信用しないタイプ。
マスコミの情報操作や誘導には気を付けてないとね。

IMG_6231.jpg

 スマホの機種が古いので、
停泊する帆船日本丸が暗闇に溶け込んでしまっているけど、、
肉眼ではもっと綺麗に見えました。
恋人たちは自由に夜景を楽しみ、
テレビで言っている事との乖離に驚かされる。
家族連れ、、お年寄り夫婦、、、若者同士、、、

 僕が行ったのはビルボード LIVE 横浜
飲食をしながら音楽を楽しむ全国区のライブハウスです。

IMG_6232.jpg

 昔は桜木町から歩いてくるエリアも、
今は「みなとみらい線」が開通し、
馬車道って言う駅が出来て、
出口の真ん前がこんな感じです。
赤レンガ風を残しライトアップ。
雰囲気は最高だと思いますよ。

IMG_6233.jpg

 感染症対策は「そこまで?」って言うほど徹底し、
「それじゃぁ御飯も食べれないし、、お酒も飲みづらいよ」
立ったり、、声援を送ったり、、もダメ!!
拍手だけの反応も違和感ありましたが、
ファンの方は中止にならないだけ良かったような顔をしていましたね。
ん~みなとみらい、、、やっぱ良い。

スポンサーサイト



リンカーン弁護士と、東急ストアの弁当

IMG_5640.jpg

 大食いで、胃袋の燃費が悪い直感さんのお昼、
調子の乗ってあれこれ買ってみて、
いつもは満足している。
今日はふと電卓を叩いて、、「!?」 ん、、、??
飲み物を入れたらほぼ1000円だったのに気付く。
社員食堂なら450円か550円で迷うところだが、、
牛丼屋さんなら大盛りを頼んでも充分お釣りが来るのに、、と、
セコイ発想が頭を駆け巡る。
食べてみてもコロッケや春巻きは美味しかったが、
この牛カルビはイマイチ
失敗しながら買い物j上手になって行くのだろう。(笑)


 さてさて、、昨夜の話。
税務署に納税証明を取りに行く用事くらいしか無かった休日。
先週同様に暑さに負けて引きこもる事にした。
正直に言うとコロナウイルスの数十倍も恐怖を感じる猛暑なのである。
エアコンをがっちり効かして録画しておいた映画鑑賞に耽ったよ。
それがこの作品。



 金のためなら麻薬ディーラーから娼婦まで面倒を見るチョイ悪オヤジ。
今回も金のなる木の様に感じた不動産王の御曹司を弁護する話が一筋縄ではいかず、
二転三転しながら展開するストーリーが面白すぎた。
全く粗筋も読まないで、期待もしなかった映画にノックアウトされた感じでした。

 役者さんは全員巧いし適材適所に配役がハマり、
原作がベストセラーなんだから当たり前なんだろうけどね。

急に観たくなった映画と、W I N 5の話

IMG_5565.png

 日曜の新潟メイン、
アイビスサマーダッシュはスマッシュヒットで当たりました。
が、、、当初の予定では1レースだけ買う予定だったんだけど、、
見ちゃったんです。(
ウイン5のキャリーオーバー、4億6千万
欲の塊と化した直感さんと、
日本全国の競馬ファンの考えることは一緒だったね。
歴代2位の売上げだったんだってさ。
で、、結果は大笑い。
1レース目の新潟9レース。
糸魚川特別を、ちょうど車のラジオで聞いていました。
直線で僕の買っているお馬さんが3頭の大接戦を繰り広げているような実況から、、
想像を駆け巡らすと、、、残念の3着
ウイン1で終了。
せめて3レース位までドキドキしたかったよw
最終的には5打数3安打だったので、
勘がも少し働けば当たったかもしれなかったよ。(

 アイビスだけ買ってればプラスの収支も、
欲を出したおかげでマイナス収支に転落。
額は少なかったが次のキャリーオーバーの時にリベンジするぜ。


 で次は映画の話。
映画通の後輩から、
「タランティーノの作品で一番面白いのはトゥルーロマンスかもしれません」
殆んどの人気作品には目を通しているはずの直感さんにも知らない映画だったんです。
調べてみると、、
監督デビュー前の脚本が映画化されたデビュー作に近い映画でした。
1993年の作品。





 本作の監督はビバリーヒルズコップやトップガンの監督と聞いたら、
なおさら興味も沸きますよね。
最近でこそ暴力シーンの描写がドギツくなり、
少し懲りすぎ!?とも思えてきたけど、、
パルフフィクションやジャッキーブラウンにも匹敵するような予感をさせます。
予告編を見つけましたので見てくださいませ。

映画“ペンタゴンペーパーズ”を観て、、、

IMG_4850.png

 最近、日本で公開された東京新聞の望月記者を題材としたプロパガンダ作品の陳腐さと好対照だった。
舞台は1971年、女性の社会進出もままならない時代に、
家族経営の新聞社を株式公開して立て直そうとしていた矢先のお話。
父が創業者で夫に受け継ぐも他界。
繰り上がりで名ばかりのオーナーになっていたメリルストリープさんが主演で、
イケイケの編集責任者がトムハンクスさん。
政府が長年に渡り隠蔽してきた事実を紙面で公表しベトナム戦争を終結に至らせ、
報道の自由を勝ち取るストーリーなんだけど、、
田原総一郎や鳥越俊太郎たちはこの時代に生きているな。
権力と戦ってきた自負があるんだろうとも思うけど、
今の日本の新聞は上のツイッターにもあるように、
人の不幸は蜜の味
国民を右往左往させてなんぼ!」

 アメリカの愛国心が最高裁で勝ち取った報道の自由とかけ離れ、
売国心がベースなんだから比較の対象にもならないよ。(

 映画の中でメリルさんの台詞で面白かったのは、
ニクソン大統領の娘の結婚式までブチ壊そうとしていたハンクスさんを説得するシーン。
「貴方はケネディさんと懇意にしていた頃は全く暴露記事を書かなかったじゃない。」
「ニューヨークタイムスさんは娘の結婚式くんだりにムキにはならないと思うわ。」
(2人の新聞社はワシントンタイムス)
この辺が今の反日新聞とも似ているんだけど、、
女性の方が大人の考え方が出来るんだなぁ~って思ったよ。

ハンクスさんが若いインターンからの質問で、
「この取材は合法ですか!?」の問い。
「お前はどこに就職したんだ!?新聞社だぞ!!」
新聞社は憲法を盾には取るけど法律は関係ないって台詞もウケた。

予告編を貼り付けておきますね~
面白かったですよ。

恋文

55409.jpg

   1985年の映画をYou Tube で観ました。
フェイスブックの知り合いが萩原健一さんの追悼特集を映画館で拝見されたという記事で、
全作品を観た中から個人的なランキングを載せていたのが興味深く、
その方の1位が恋文だったと言うことで観た次第です。

 萩原健一さん(ショーケン)は少なからず僕の青春時代に影響を与えたスターさんで、
映画は全作品を観ていました。
しかしながら恋文のストーリーが思い出せない…
岸恵子さんとの共演作品、
約束」 「雨のアムステルダムは脳裏に焼きついているし、、
石川達三さん原作の青春の蹉跌は映画を見た後に本を読みました。
(共演は桃井かおりさん)

 映画を今の年齢と感性で見直してみると原因が分かりました。
パンフレット通り、
主演がショーケンと言うより、
倍賞さんだったからかも知れません。
この映画、ショーケンの役どころは「ヤンチャ」なんだけど、、
らしくない「ヤンチャ?」
20代の半ば当時、憧れのショーケンとは違っていたのでしょう。
だから印象が薄かったんだと思います。

ymgft134-img1200x900-1520064837ljsmyz10512.jpg

 そう言う訳でこの映画、、
賠償さんの演技力と、高橋(関根)恵子さんの透明感、
子役の泣かせる演技と、、
今の僕が観ると引き込まれる要素が満載で、
ショーケンを脇役として見れば素晴らしいメロドラマとなっております。
普通は男目線で主演男優になりきって映画に引き込まれますが、
昨日は賠償さんの気持ちになりきってしまいましたよ

 その後、1987年にアントニオ猪木さんから略奪し、
籍は入れずに事実婚を10年続けて破局するわけなんですが、、
ランキング1位の理由が分かった1日となりました。


続いて You Tube ネタ
韓国との時事問題を風刺豊かに表現し、
内容も一見の価値がある、
えんちょう Li カッパさんの動画を紹介いたします。





今回は経済産業省や世耕大臣が誇らしく思えますネ。
リンク
最新記事
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
プロフィール

セべくん

Author:セべくん
基本的には日々の雑感を、日記的に趣味や生活を書いてます。
(競馬、ゴルフ、野球、サッカー、バレーボール…)や、
時事政治ネタまで幅広くアップしていますので。。。
どうぞ宜しくお願い致します!(^^)!

フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
おきてがみ