選挙ポスターと、映画「伊丹十三」作品

ed21e38b.jpg

 この人、、当選するのかね??
他府県のことだけど、選挙民の常識が試されると思うので興味深いっす
と言うのは「なんとかママの会?」
「日本死ね!」とか言ってた人たちの反発を食らうのかと思ったら、
理解を示して応援に回るそうだ

元々死ね!」とかぶっ倒せ!」とか叩き潰せ!」みたいな、
子供に聞かせたくないような罵倒とプラカードが好きな人たちだからなぁ~
ママが聞いて呆れるぜ

一方、小池百合子都知事は白旗か??
開票当日はパリにいるそうだ
見栄張りの逃亡と思われている
選挙ポスターは見事な2ショットばかり…
やたら目立つ(
当たり前だよね、2人も写ってるんだから
撮影費の3万円は非難される事じゃないと思うけど…

芸能事務所なら売る気も無い底辺の人を持ち上げ、
プロフィール写真の作成費で、、10万円くらいは払わせるモンな(

しかし都政の1年あまり、
2階建ての地下鉄でラッシュを緩和させるとか、、
初めの1歩も聞こえてこないけど…
マスコミも選挙公約の実現を検証しないで何やってんだろ

立憲民主党をサポートしている「市民」とか言う分かりづらいワードは、
極左革マル派の人たちとも言われている

一部のマスコミからの追求を逸らすために、
森友だぁ~学園だぁ~安倍がぁ~と、攻撃の手を緩められないとか…

最近は暴力団やサイコ宗教団、極左テロ組織も、
住人に溶け込み、
看板を穏やかにして潜っているから、
見分けるのにアンテナを尖らせないと騙されるネ

選挙運動も罵倒を止めて政策をアピールできないかなと思う。
もっと肩の力を抜きながら、
笑顔を見せたら聞く耳を持ってくれると思うのに、
聴衆ゼロも可哀想だな社会主義的リベラル派

伊丹十三監督の映画でも見たら笑えるよw~

CS放送の日本映画専門チャンネルで、
古い映画の特集がある
殆んど知っているし視聴済みだったのだけど、
このミンボーの女 (1992)は、
見たことが無かった

 予告編  
クリック⇒   ミンボーの女

主演の宮本信子さんが最高に巧いのもあるけど…
ストーリーは良く取材もしてあり、素晴らしい脚本だと思う。、
笑いのエキスがたっぷりと沁みこませてあって
キャストも全員が適材適所で引き込まれたよ。




群馬の寒さが堪えたか、
この季節にゃ珍しく風邪をひいた
皆さまも気をつけてくださいませ
スポンサーサイト

カーラジオのボリュームを上げるとき…

 カーラジオ!?って単語、、、最近聞かなくなったね(笑)
死語となってる??

先日、友達の運転する車の助手席に乗ったとき、
変な違和感があった。
「サイレント」、、、、
音源が何にも無い

若い頃は「カーオーディオ」と言い、
大きなスピーカーにパワーアンプを装着して、
外に音が漏れるほど大音響を楽しんだもんだけど…
最近は小さめなボリュームだなぁ~
だけどサイレンとは焦った
でも30分も経つとサイレントが心地よくなるから不思議だね

次に何の曲がかかるか分かっちゃうと、
直ぐに飽きちゃうんで、
あまり無駄言やCM系が入らない音楽番組を好きで聴いている。
で、、昨日の夜の事

思わずボリュームをアップして耳がダンボになった

「この曲がリクエスト!?」
自問自答した。
BOBBY WOMACK
Across 110th Street
映画、ジャッキーブラウンの挿入歌だ

ジャッキーブラウンって、
黒人のスチュワーデスが麻薬の運び屋をやるって言う、
タランティーノさんの名作映画だ。
主人公の育ちやしがらみをバックグラウンドに、
キャスティングが超豪華で、
音楽が映像にハマり、
好きな映画ランキング上位の映画だ。

下のYou Tubeをご覧ください。
映画の最初のクレジットが写ります。
出演者と音楽を聴いたら観たくなりますよ~
 ⇒  Jacky Blown



凱旋門賞
エネイブル

IMG_0538.jpg

強かったですねぇ~
1番人気に見事応えました
馬券も小額ゲット
日本の馬が飛んじゃうと、
現地のオッズより配当が良くなるので、
払い戻しは美味しいのですが…
競馬を見ていると、
「自分の買っている馬をレース中に確認できない
帽子の色で一目瞭然な日本の競馬と大違いで、
馬番とゲート番号も違うし、、、
ゴールしたときの「ヨッシャァ~」は味わえませんでした(爆)

IMG_0541.png

映画 CITIZEN FOUR スノーデンの暴露を見て…

0714.jpg

 元CIA職員の内部告発を、
計画段階から記録したドキュメント映画。

アメリカでは3.11を防げなかった反省から、
国民の生命を守る国家安全保障局等が、
監視対象者から拡大して、
極端に言えば国内外のメールやチャット、SNSをチェックするようになった。
プライバシーの観点から、
表向きには否定してきた政府を転覆させかねない大爆弾告発

たぶん国民投票をすれば、
多数は黙認し、テロから守ってもらえればいいと思うでしょう

でも嫌な人は徹底的に嫌なんだね

プライバシーとは言うけど…
個々のメール「一字一句」を人間が目を通しているわけじゃない。
コンピューターが暗号等を解読したり、
危険ワードを判別して監視対象を炙り出すだけだ

不倫のやり取りなんかは無視されると思う。(笑)

公聴会で秘密メールクラブ??を、
当局がハッキングしていたことに、
運営者が怒りを露にしていたが…
痕跡も残らず匿名性を担保し、
文章に暗号フィルターもかけられるアプリ
。」
客観的に見れば、どういう人が使うんだろう??
犯罪者系じゃないのかな
プリペイド携帯が怪しい人間に流れるのと同じで、
そういうビジネスをしている人たちは必死に不安を煽るだろうね

エドワードスノーデン容疑者
亡命先はロシア。。。
盗聴器を仕掛けられ、隠しカメラに囲まれて生活しているんだろう
本当に国民の為を思って告発したのか分からなくなったよ

スパイだった!?
尻尾をつかまれる寸前に、
お土産を作って亡命と見ると筋が通る。

皆さんはどう見るかな


法廷演劇「アメミット」を観て…

IMG_5624.jpg

 2週間前、、「呆けるのにも程がある」と、
開演日を間違えて行った、
中野 ザ・ポケット
このアメミットと云う劇は、
8年前に一度公演をしていた。
キャストと演出をリニューアルした「再演」と言っていいだろう

友人が主演(ゲスト)と言う事もあり、
8年前も観ていたので粗筋は把握していた

道路が込んでいて、
到着が開演前10分
全席自由でした…
しかし常連と言うか、
慣れた方は後方から着席していき、、、
僕が案内されたのは最前列

IMG_5622.jpg

「近すぎた」(
全体が見えない代わりに、
女性の足の虫刺され痕までハッキリ目視できる(
一番気を使ったのは「友人と目が合わないか??」

粗筋を簡単に言うと、
自己中で金とパワーを見せびらかして生きてきた主人公が、
落伍して死を選ぶんだけど…
「あの世」と「この世」の狭間で裁判にかけられるというストーリー。
脚本的には映画向きなような気もした

舞台だと「芝居」と言う位だから、
少し大袈裟な味付けをしている。
怒る、怒鳴る、叫ぶ??
法廷ってもう少し「静」の部分が多いはず

要するに、、僕が観劇ビギナーなんだよねぇ~
食いつき方がイマイチ分からないままの2時間半。
けっこうアっと言う間に過ぎちゃった

ただ熱気、呼吸、音、、、、
スポーツ観戦と同じで、
かぶり付きの最前列は興奮するよ

終わってから、
2週間前には明かりが点っていなかったお店。
イラク料理「バクダッド」の看板が点いた
写真を撮ろうとしたら、中の店員さんに睨まれ断念
人種差別はしないけど、
やっぱり怖い顔をしていたなぁ~

クリミナルマインド「国際捜査班」

fc976476.jpg

WOWWOWの人気ドラマ、
クリミナルマインドも、シーズン12までいき…
新しい部署は、
アメリカ国外で犯罪に巻き込まれた、アメリカ人への捜査と救出。
一番右の方がリーダーなのですが、
この人は「C.S.I ニューヨーク」で主演を張ってた人が抜擢。
どこかシンクロさせたような運びで新シーズンに入った

1話はインド、2話がエジプト、、3話がタイ。
日本にも来るのかなぁ~と思った矢先に4話はなんと舞台が「青木が原」
築地や警視庁も出てくるのだが…
驚いたのは、どこかで見たような日本人の役者が出演していた

1484103368.png

小沢征悦さん。
日本のドラマなら、絶対にコノ役じゃないよね
っていう警察官役

吹き替え版では、声優さんに交じり、
自らが自分の声を担当していました

1488341932.jpg

インド、エジプト、タイの時には、
セットだか…
現地ロケだか分からないくらい溶け込んでいたけど、
さすがに日本版は完全にスタジオやアメリカの日本庭園
エキストラの人もアジア人の混合で、
アメリカ人には同じに見えるんだろうね~
東南アジア人も、東アジア人も、日本人も

まぁ細かく見ると、
まるっきり日本を知らない
警察官の背中には「市警察」
これはまさしく英語的な日本語なんだろう

普通なら静岡県警警視庁ってならないとおかしいんだよね

あと、
つくづくバカにされてるなぁ~って感じたのは…
昔のドラマに出てくる日本人は、
カメラをぶら下げて、黒縁めがねをかけ、
とにかく両手を合わせてお辞儀をしまくり、
愛想笑いを浮かべてた。

このドラマでは、
築地でご飯を食べている人も…
クラブで踊る若い人も…
通行人も…
みんな大きなマスクで顔を覆っている
彼らにはそう見えるんだろうなぁ~
大げさに表現すれば、分からないことも無いけどね

台詞の中にも何回も日本には来ているけど、あのマスクだけは違和感があるな
ってこぼすシーンがある。

やっぱ日本版はやってほしくなかったかな(

PS..第5話はフランス🇫🇷です。
リンク
最新記事
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
プロフィール

セべくん

Author:セべくん
基本的には日々の雑感を、日記的に趣味や生活を書いてます。
(競馬、ゴルフ、野球、サッカー、バレーボール…)や、
時事政治ネタまで幅広くアップしていますので。。。
どうぞ宜しくお願い致します!(^^)!

フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
おきてがみ