FC2ブログ

続・車の話 “MAZDA”pt 2

IMG_0179.png

 前回がマツダのコスモにスポットを当てて、
大学生がロードスターをベース車に、
新しい次世代型コスモヴィジョンを想像したのですが、、
僕らの年代が昭和にカスタマイズしたのが「こう言う改造!?」
上がノーマルの通称サバンナ。
正確にはサバンナRX-3と言うモデルです。
RXと言うのは、RX-7から広く使うようになりましたので、
昭和50年前後はサバンナです。
 よく売れていたのが、
このモスグリーン色。
恥ずかしくて乗れないけど、、
目が釘付けになっちゃうのが赤いサバンナ

IMG_0180.png

 オーバーフェンダーにエンジンはもちろんロータリー、
13B(初期型は12A)
この13Bと言うエンジン、
1リットルで3~4キロしか走らない燃費の悪さだが、、
パワーは3000ccと引けをとらなかったジャジャ馬でした。
こう言う車は懐かしいけど、、
世界のMAZDAは2015年くらいから
MAZDA RX-VISIONと言う車で東京モーターショーを席巻していました。
フェラーリ、アストンマーチン級の美しさと、
ランボルギーニのパワーで世界を魅了したのだが、、
発売には至りませんでした。

 しか~し
2017年に出展した MAZDA VISION COUPE は改良を重ね、
2023年には公道を走り回るようです。
 イタリアのコモ湖畔で1929年から続く、
車のエレガントさを愛てる格式あるイベントに出展した画像をCMにした
MAZDA の公式チャンネルです。



 74秒間の映像は必見です。


スポンサーサイト



COSMO VISION

IMG_0177.png

 久しぶりに車のお話。
ジャパン・ゴルフフェアは3月12日から、
パシフィコ横浜にて入場制限付で開催されますが、
東京モーターショーは残念ながら中止になってしまいました。
色んな目玉が出展予定だっただけに残念ですね。
日本だけですよ、イベントにブレーキが掛かりっ放しなのは、、、、

 市販されるかどうか分かりませんが、
日本自動車大学校 NATS の生徒さんが、
現行モデルNDロードスターをベースにカスタマイズして、
COSMO VISION というカスタムカーがMAZDAから出展するはずでした。
 コスモスポーツと言うモデルは1964年から発表されました。
1964年、、、
新幹線、東京タワー、首都高速、東京五輪、、
日本が高度成長に向けて一つになって団結していた時代ですね。
車のデザインにも夢がありました。
特にマツダというメーカーは、いすずの117クーペと並んで個性的だったと思います。

IMG_0178.png

 当時は世界初のロータリーエンジンを引っさげて、
爆発的なパワーを見せ付けました。
いま見ても近未来的な、、、
鉄腕アトムの漫画にも登場しそうなデザインです。

 もしこのCOSMO VISION が発売されるとしたら、
ガソリン車なのでしょうか?
水素で走るロータリーエンジンの復活も待たれるところなのですが、、
車離れした若い人たちが目を見張るようなのコンセプトカーになって欲しいものですね。





違反キップを切られた話と、ブルーバードSSS

IMG_3906_2019103113120597d.jpg

 昨日、一時停止違反の切符を切られました。
当然のように標識も見づらく、
地元の人間しか知らない場所で、
隠れてビデオを撮りながら監視する取り締まり。

 引っかかりやすいのは、
その一時停止は歩道を歩く人の安全を担保する停止線なんだけど、
通行人は殆んど通らずに、
すぐ5~6メートル先の大通りと併走する細い路地。
ドライバーの注意は大通りの手前の一時停止で、
歩道の薄く消えかかった停止線など見落としてします。

 なんか悔しかったのは知っていて止められたこと。
僕も往生際が悪いほうではないので、
自覚があればすぐに謝り、
5%くらいの、「気をつけてくださいね!、今回は多めに見ます。」に賭けるのだが、、、

 論点は停止線の何メートル手前で停まったか!?でした。
若くビデオを撮っていた警察官が、
「停止線の手前1メートルまでが法律で決まっています!」と言われたのが、
僕の教習場で教わった、
「停止線は越えてはならない」
「停止線の手前は間際(安全確認ができる近さ)」
と相違していました。
道交法が変わったのかもしれないと思い、
1度保留にしてもらい、
「後から弁護士さんを連れて出頭するよ!」と確約し、
確認してみると、、、

 「直感さ~ん!違反金は7000円だし払ったほうが安いよ」
「直感さんの記憶で法律は合っていて、手前は解釈になるんで引っくり返せますけど、、」

「警察官に恥をかかせると倍返しをくらいますよw地元なんだし(笑)
言っている意味は直ぐに理解しました。
7000円の罰金に時間とお金と労力をかけて正当性を証明するバカはいない。
要はアンラッキーで地雷を踏んじゃったって事。
運気が下がり気味だから二次被害に気をつけよう!
と気持ちを切り替えたほうが良いパターン。

 夕方1人で出頭し、
言い訳も正当性も主張せずにサインしてきました。
向こうも後から1メートルの件を一緒にいたベテランに指摘されていたのでしょう。
バツが悪そうにサクサク急いでくれて、
お互いに無言で立ち去りました(笑)

 だいたいからして憲法も法律も難しい日本語で拡大解釈出来るようになっているのがおかしく、
飲酒なら何ml スピードなら何kmって数値の記載があって、
子供にも理解できる日本語で作るべきだと思うよ。


 さてさて、、写真は昭和44年頃~47年に大ヒットしたブルーバードSSS
我が家の近所では旧車と言われるクラシックカーを、
綺麗にレストアップしている方を多く見かけます。
余程のカーマニアだと思う。
現在のコンピューターに支配された燃費が良く手のかからない車と違い、
この年式の車なら相当に気を使われて乗っているのでしょう。
 だけどエンジン音や、キャブレターが空気とガソリンを吸い込む音、
マフラーの排気音をSSSの前を通るたびに想像して一時停止(爆)しちゃうもんね。

 この頃は日産が日本車の先頭に立ち、
トヨタなんて目じゃなかった時代。
今見ると1600ccにしちゃぁ小さく見えるし、
トランクもキャディバッグは積めなそう
フロントのスポイラーがデカ過ぎるのが少しイモっぽいけど、
ワタナベのスポークホイールが足元を輝かせます。
不思議と日産社にはこのホイールが全車に合いますし、
トヨタはスピードスターって派手なアルミホイールが似合ってました。
僕みたいな通勤には使えないと思うけど、、
1日借りてドライブに言ってみたいモンですな。

いすず ピアッツァ

yjimage117.jpg

ふと気付くと、「いすず」と言う自動車メーカー、、、
最近ではトラックしか作っていないのか、
自家用車の話は聞かなくなった

 僕が免許をとった頃、
117クーペと言う車は、
マツダのコスモに並んで高嶺の花だった
昔はフェアレディだったり、、高級車はクーペだったよなぁ~

 当時のいすずには勢いがあり、
ラリー界ではジェミニZZが有名だったし、
117の後継モデル「ピアッツァ」も、
イタリア人デザイナーのジウジアーロがてがけ、
足回りはドイツのイルムシャー、
ハンドルはMOMO
ホイールはBBS、
高級グレードにはロータスチューンなんかもあった。

 美人ジャズシンガーの阿川泰子さんがCMソングを歌い、
キャッチフレーズは「シニア感覚」(笑)
ま、大人のスポーツカーってところだろう

 なぜ急にピアッツァか!?と言うと、
何回かブログに登場したオジサン、、
別名「おやつをくれるおじさん」
自分のワンちゃん、
柴犬の隆一君はおやつを食べないのに、
大袋のおやつを持って散歩し、
放置されているワンちゃんに食べさせて回るサンタクロースみたいなオジサン。

 そのオジサンの愛車がピアッツァで、
1980年代のクラシックカーを大事にして乗っていたんだけど、、
大晦日に亡くなってしまったんだ
で、、その車の処分を託された、、、って、長い話

 自分でも乗ってみたいなぁ~って願望と、
駐車場、税金、維持費を考えたらどうなの!?
って感情が入り組んでる今日この頃

 まだ試乗していないし、
グレードや走行距離等のコンディションが分からないので、
数ヶ月乗ってから転売するのがベターなのかな、、、

 可哀想なのが隆一君。
まだ主人の他界を認識していないし、、
他人に懐かないから散歩も大変
ウチのワンコ達も「最近オジサンと会わないな~」って不思議そうな顔をしてる。

 オジサンの登場する時間帯には、
登場する方角を眺めちゃ「クゥ~ン」を鼻を鳴らしてるし
ずいぶんご馳走になったね~
あるところじゃ「ウチの犬におやつを上げないでください!」
って張り紙を張られたりもしてたけど、、、
 ご冥福をお祈りいたします

ボルボとメルセデスを比べたら…

IMG_5719.jpg

 まだ名義変更も済んでいないので、
群馬ナンバーが付いている「C200 
アバンギャルド(前衛)というネーミングだけあって、
ボディシェイプが惚れ惚れするヨ

ボルボは2400ccで、全長が18センチ長い。
駆動が前輪なので、
ホイールベースの長さが気にならなかった。
意外と小回りも利いた
たった18センチなのに、トランクの大きさがかなり違う。
やはり荷物を積む用途の車なんだね、、、
サスペンションもピックアップトラックのように感じるときもあった
燃費は平均で8.5km.
アクセル、ブレーキ、ハンドル、、
どれも遊びがあり柔らかく疲れない。

IMG_5718.jpg

C200のトランクは飾りだね
4人乗ってゴルフに行くのはキツそうだ
サスペンションは完全なスポーティ自家用車。
ゴツゴツとこないのですが、
コーナーを曲がるときの粘りは半端ない
ここがメルセデスの所以なんだろう。

アクセル、ブレーキ、ハンドル
何れもカチっとしていて重い。
先日のピアノの比較も思い出した
鍵盤の重さをしきりに言っていたからね…
ここは完全に好みなんだと思う。

1800のコンプレッサー
ターボやスーパーチャージャーとも言うけど、
空気を過剰に吸い込みパワーアップする機能が付いている。

最初はコンプレッサーが利いているから1800に感じないと思っていたけど、
実は利いていなかった(
ガクっと踏み込むと、
いきなりタコメーターが上がり高速ゾーンに入る
感触として2800~3000のパワーを感じました。
なにせ車重はけっこうありますからね~

燃費は9.5位走りそうです
あと、、オーディオの音が超イイ

IMG_5717.jpg

 来週は車庫証明をとったり、、名義変更をしなくちゃな
なんか、、とっても好きになれそうな車でした
たぶん乗っていて疲れないのがボルボ。
疲れそうだけど、惚れ込みそうなのがメルセデスって感じだと思います



さてさて、、日曜の重賞レース
自信があるのは中京かな、、
第53回 CBC賞 GⅢ 1800
メラグラーナ
タイムトリップ
トウショウドラフタ
アクティブミノル
シャイニングレイ 
×アルティマブラッド


一番人気から入るので絞り込んで


福島 第66回 ラジオNIKKEI賞 GⅢ 1800

ビービーガウディ
セダブリダンテス
サトノクロニクル
バルベーラ
ウインガナドル
押 ③ ④ ⑤ ⑫

穴馬から買うので手広く賭ける

GOOD LUCK
リンク
最新記事
カテゴリ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新コメント
プロフィール

セべくん

Author:セべくん
基本的には日々の雑感を、日記的に趣味や生活を書いてます。
(競馬、ゴルフ、野球、サッカー、バレーボール…)や、
時事政治ネタまで幅広くアップしていますので。。。
どうぞ宜しくお願い致します!(^^)!

フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
おきてがみ